アトリエ・アッシュへようこそ!

アトリエ・アッシュへようこそ! ここは音楽を中心に諸芸術と歴史を愛する人々が集うアートサロンです。音楽家、芸術関連研究者が、分野を越えて語り合うサロンを創りました。年に2回、公開の講演と試演会を催しています。毎回テーマを決め、知らなかった事柄を知り、刺激し合って、自分の世界を広げていければと考えます。さらに、現在活躍中の若手ピアニストたちによる、新しいレパートリーを開拓するコーナーもあります。講演、演奏は、収録し、有料動画配信もしていますので、多くの方々がこのサロンの内容を楽しむことができます。是非みなさまのご来訪をお待ちしています。
秦はるひ・上田泰史
 

 

主宰者より

これまでの催し
有料配信
メンバーの紹介

第5回アートサロンのご案内

2022年9月26日(月)ヤマハ銀座コンサートサロン 10時00分 開講・開演

今日、ショパンはピアノはもちろんのこと、ポーランドの代名詞となっています。しかし、「ポーランド人音楽家」という視点で19世紀ピアノ音楽を眺めてみると、ショパンの周囲に、才能あふれる先人や同年代の音楽家たちの存在が浮かび上がってきます。彼らはポーランドや諸外国(とくにフランス)で、各々のキャリアを積みました。今回は、18世紀後半から19世紀中頃に至るまでの文化・政治の流れを楽曲とともに辿りながら、まだ見ぬポーランド・ピアノ音楽の景色を一緒に眺めてみましょう。

 講演 1 (10時00分開始)
「ロシア・アヴァンギャルドの時代」
前山裕司 新潟市美術館館長

演奏付き講演 2 (11時00分開始)
「18世紀から19世紀初頭にかけてのポーランドの音楽とその背景~ピアノ音楽を中心に」
大嶋かず路 上智大学外国語学部非常勤講師

演奏付き講演 3 (14時00分開始)
「パリのポーランド人音楽家たちとその作品」 
上田泰史 京都大学准教授

★ご予約は parisharu2006@gmail.com まで

★チラシのダウンロードはこちら

 

 

最新情報